鎮守府についてCHINJU-FU

ちんじゅ

横須賀・呉・佐世保・舞鶴

日本近代化の躍動を体感できるまち

最西端を守った
「佐世保鎮守府」
日本遺産認定への道のり

日本が近代国家として歩み始めた明治期、海防力を高めるべく国内に4つの軍港都市が誕生しました。そのひとつ、日本の最西端を守る要となったのが「佐世保鎮守府」です。 鎮守府とは、軍港における海軍の本拠地のことで、横須賀、呉に続いて、佐世保には明治22(1889)年に鎮守府が開庁されました。大小の島々が複雑に浮かぶ海、小高い山々に囲まれた湾口など変化に富んだ地形は、天然の要塞として理想的な条件を満たしていたのです。 明治から大正期にかけて、最先端の技術と最高の人材が投入され、艦艇等を造る海軍工廠(軍需工場)など様々な施設が造られ、水道・鉄道などのインフラも続々と整備されました。 2016年4月、佐世保市と同じく「鎮守府」が置かれた横須賀・呉・舞鶴とともに近代日本の躍動を体感できる旧軍港四市のストーリーが「日本遺産」に認定されました。佐世保市では、国指定重要文化財の旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設など、合計27項目、503の構成文化財(平成29年4月現在)が認定されています。

近代技術の粋が集まった
異国情緒漂う
港町・佐世保

横須賀の鎮守府開庁からわずか5年後の明治22(1889)年、呉と同じ年に佐世保に鎮守府が誕生しました。横須賀で培われた高度な技術と人材育成力は、呉から佐世保、舞鶴へと各軍港を伝わりながら、驚異的な発展を遂げていきます。他の都市と同様に、佐世保は自然豊かで閑静な農漁村でしたが、軍港を中心に都市基盤が整備され、人の流れや生活も大きく変化しました。明治19年、約4000人だった佐世保の人口が、明治35年には10倍以上の約5万人にも膨れ上がります。 半島や大陸に近い佐世保は、前線基地として位置付けられ、艦艇の建造や修理・改造を手がけました。太平洋戦争で主要な海戦に出撃しながらも、ほぼ無傷で生還した奇跡の駆逐艦「雪風」も佐世保で建造されています。 また、佐世保では、れんが造りに変わる技術として鉄筋コンクリート造りの技術が発展しました。その技術の粋を集めた建造物が、日本に現存する唯一の長波通信施設「旧佐世保無線電信所(針尾無線塔)」です。高さ136メートルの巨大な3本の電波塔は、日本最古にして最大のコンクリートタワーとして、今も雄々しくそびえ立っています。このほか、明治期に海軍最大の土木工事といわれる「立神係船池(旧修理艦船繋留場)」や、国登録有形文化財になっている「旧佐世保鎮守府凱旋記念館(佐世保市民文化ホール)」など、数々の建造物にも往時のコンクリート技術が活用されています。 また、技術やインフラ整備が進むとともに、西洋の文化も流れこみました。明治時代の海軍の料理書「海軍割烹術参考書」には、カレーやビーフシチューなど、おなじみのメニューがずらり。海軍ゆかりの多彩な食文化や音楽などからも、異国情緒あふれる港町・佐世保ならではの魅力に触れることができます。