佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト 佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト

UMIKAZE Blog

海風旅ブログ

ブログタイトル 九十九島とイルカ

九十九島とイルカ-1

海きららの展示テーマである九十九島の海にはさまざまな生き物がすんでいます。
大きいものではイルカ類も九十九島湾内に泳いでやってきます。
これまでハンドウイルカやカマイルカ、マダライルカなど多くの記録が残されており、 マッコウクジラも海きららの近くまで泳いできたことがあります。
そのようなこともあり、海きららではイルカを展示し紹介しています。 現在2頭のイルカが1日3回のプログラムで、たくさんのお客さまを魅了しています。

さて、このイルカたちですが、実は和歌山県の太地たいじ町からやってきました。国内では唯一イルカ漁が実施されているところです。
 

陸路を13時間かけて運ばれてきました。
館長である私は「この手で運びたい」という強い思いを持っていましたので、 和歌山県から海きららまで同行しました。
トラックが到着してプールサイドまでは、遠いところからやって来てくれたイルカたちに感謝の意を込めて、1頭1頭慎重に運びました。
海きららの飼育方針は、まずはイルカたちの喜びを追及することです。 狭いプールの中で退屈しないように手作りのおもちゃを入れたり、時間があればスタッフがイルカたちとよく遊んだりしています。

その結果、人懐こい元気なイルカに育っています。
皆さん、海きららの元気なイルカたちをぜひ見に来てください。

(文:九十九島水族館 館長 川久保 晶博さん)

SNSに送る

#この記事に関するタグ

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

エリア

ライター紹介

ライター一覧を見る
同じテーマの記事

同じテーマの記事

同じテーマの記事

このライターの記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.