佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト 佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト

UMIKAZE Blog

海風旅ブログ

ブログタイトル 烏帽子岳登山口から隠居岳を越えて宇土越まで(させぼの歩き方:コース1)

烏帽子岳登山口から隠居岳を越えて宇土越まで(させぼの歩き方:コース1)-1

ふるさとの山を歩くことから、エコツーリズムは始まる。

私たちは地元の自然をもっと知るべきではないだろうか。
国見山系から続く烏帽子岳や隠居岳。市街地に近い奨冠岳と弓張岳。
それらに車で上ることはあっても、学生の頃の遠足以来、あまり登っていないのでは。
改めて登ると、九重山や阿蘇にも劣らない登山道があるのを知る。
まず自分の足で登って、故郷の自然を再認識しよう。

深い森の山道を登っていく

市街地から登ることにすると、登山口は山祇町だ。「山手黒髪線」の新道で切断された、コンクリートの壁が登山口になっている。

その階段を上ると、霊園の上に沿った山道に出た。
自然林が昔のままにあって、なんだか懐かしい気分になる。小学校の頃に汗を流しながら登った記憶が蘇ってくる。砂岩がゴロゴロした急傾斜の道だ。
「このあたりは国見溶岩台地で、烏帽子岳は安山岩質。標高三百メートルぐらいまでは九十九島と同じ砂岩だよ」
楽山会の平田佳邦さんが説明してくれる。平田さんは日本百名山をほとんど登った山歩きのベテランだ。

東側から山頂に挑む。
杉の植林が伐採され、最近まで見えなかった相浦谷が一望できた。
杉を伐採して放置するだけだから、日本の植林事業は一体なんなのか、と考える。

烏帽子岳山頂は360度のパノラマだ。眼下には市街と佐世保湾が広がる。俵ヶ浦半島を越えて九十九島も見える。

山頂から下ると、「風と星の広場」と名付けられた草原で、周辺は西海国立公園となっている。
一画に「美しき天然」の碑がある。田中穂積がこの自然の美しさをテーマに作曲したという。
碑文の筆は作詞の武島羽衣によるもの。駐車場の隅には観測台があって、秋にはアカハラダカの渡りが見られる。
車の道ではなく、途中から自然林の中の小道を辿ることにした。
思いがけず静かな山の道だ。やがて親子堤に出た。
このあたりからは黒曜石の破片など縄文時代の遺物が出る。烏帽子岳の大地は、大昔は生活の場だったようだ。
途中に「百年の森」があった。

烏帽子分校跡の前を通って満場越から隠居岳へと向かう。
かつて牛がのんびりと姿を見せていた丘を登ると、やがて丸太作りの木場山展望台に着いた。
ここからは黒髪町や早岐方面が望める。
木場山の裾を通って隠居岳へと続く。アオモジやナンバンキブシの花房が春を告げている。
日ごろ見過ごしている花や木が、やけに気になる不思議。

そして最後の傾斜を登ると、隠居岳に着いた。
670mの緩やかな山頂だ。
三川内や波佐見方面が望め、峰の向こうには虚空蔵山がかすんで見えた。
 

自然林の、尾根沿いの柔らかな道を下る。

隠居岳から先は尾根伝いの下りとなる。
シイ、カシ、タブ、ツバキなどの照葉樹林を歩く。
新芽の木々の匂いが胸を満たし、トレッキングシューズの裏に湿った土の感触を覚える。
それだけなのになぜか楽しい。
山水の溜まりにサンショウウオの卵を発見した。みんな子どものように喜んでいる。
柔らかな疲労感に包まれるころ、宇土越の登山口に着いた。約四時間のコースだった。

SNSに送る

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

エリア

ライター紹介

ライター一覧を見る
同じテーマの記事

同じテーマの記事

同じテーマの記事

このライターの記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.