佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト 佐世保・小値賀 海風の国 させぼ・おぢかの観光情報サイト

UMIKAZE Blog

海風旅ブログ

ブログタイトル 夏だ!お肉だ!させぼのステーキ特集☆

夏だ!お肉だ!させぼのステーキ特集☆-1

今年も暑い夏がやってきました。夏に食べたくなるものといえば…やっぱりお肉!!
暑さにバテてしまいがちな体に、スタミナ補給↑↑しませんか。
今回は、夏にふさわしいステーキが食べられるお店を3店舗ご紹介します♫
とろける!ワイルド!ジューシー!佐世保のいろんなステーキを食べてきましたよ♡


※この記事は2017年7月時点の情報です。

※取材時点の内容のため営業時間等については事前に店舗様へご確認ください

①レストラン本陣

まず最初に訪れたのは、佐世保みなとインターから車で2~3分ほどの場所にある「レストラン本陣」。昭和49年創業、佐世保のまちで古くから愛されてきた洋食店です。佐世保に住んでいる私たちからすると、どこか懐かしさがあって、看板どおり「これぞ、させぼ洋食!」という感じのお店です。

店内は厨房を中心に、入口の左側がテーブルスペース、右側がお座敷スペースになっています。洋食店でお座敷があるのはうれしいですね♪小さいお子様連れの方も多いようです。

本陣といえば、「ハンバーグ」と「ステーキ」が有名ですが、なかでも最近、人気急上昇中なのが「長崎和牛特選ステーキ」。長崎和牛といえば、2012年の全国和牛能力共進会 肉牛の部で日本一に輝いたブランド牛で、“長崎和牛指定店”でしか味わえないんですよ。わぉ♡見てください!このサシ!もう、これは"とろける"予感しかしません。

来ました、来ました!鉄板でいい音させてやって来ましたよ♪お肉の甘い香りがする~♡
長崎和牛特選ステーキ(120g3,000円~)には、スープ、サラダ、温野菜、ライスorパン、コーヒーが付きます。お店で毎日100食分は作られるという、セットのポタージュスープもまたおいしいんですよねー。

このステーキで使っているのはA4ランクのサーロイン。カットされているからお箸で食べられますよ。おぉ~ミディアムレア♡それでは、いただいてみましょう!

特製のステーキソースにつけて…と、「ん~♡ものすごく、やわらか~い!」予想通り、あっという間に口の中でとろけちゃいました(何回噛んだかしら)。醤油ベースのソースは、ごはんがすすむ甘辛さながら、お肉の旨味もしっかり味わえる絶妙な味わい♪店主さんいわく、この程よい甘さのソースこそ、「させぼ洋食」の真髄なのだとか。確かに、佐世保人は甘い味つけが好きなんですよね。

続いては、老若男女問わずファンが多い、本陣特製のハンバーグです。地元では「やっぱり本陣といえば、コレ↑↑」という方が多いかもしれません。またしても、いい音っ!あぁ、美味しそう…♫

こちらは、きのこたっぷりの大根おろしソースがかかった「和風ハンバーグ定食」(ミニ1,400円~/ごはん、みそ汁、サラダ、小鉢、香の物、デザート付)。秘伝のデミソースと迷いましたが、今回はあっさり味の和風にしてみました。サイズはミニ・レギュラー・ジャンボの3つのサイズから選べます。

ハンバーグも特製ソースにつけていただきました。これがまた柔らかくって美味しい!ジューシーな肉汁というよりは、ふわふわで柔らかい♫という感じのやさしいハンバーグです。あぁ、もうお箸が…ごはんが…止まりません。手づくりのソースも美味しすぎる♡

最後にお店の方に登場していただきました。前列左がオーナーの大塚征弘さんで、中央が弟の幸三さん。お二人ともご出身は宮崎県ですが、縁あって佐世保に移住され、昭和49年にお店を始められたそうです。現在も約30人のスタッフとほぼ毎日、厨房に立っていらっしゃるとのこと。させぼ洋食"レジェンド"の味、ぜひ食べに行ってくださいね。

【レストラン本陣】
住所:佐世保市干尽町5-3
電話番号:0956-33-1630/0956-33-9131
営業時間:11:00~14:30(OS14:00) 17:00~21:30(OS21:00)土日祝~22:00(OS21:30)
店休日:不定休  駐車場:9台

②Michele Brown steakhouse(ミシェルブラウンステーキハウス)

続いて訪れたのは、市内中心部にあるステーキ専門店「Michele Brown steakhouse(ミシェルブラウンステーキハウス)」です。こちらのお店、ある意味で佐世保の特色が感じられる、実に"佐世保らしい"ステーキ店なのですが…どういう意味かわかりますか。↑店内写真にもちょっとヒントがありますよ。

お店がある"場所"にも、ヒントが!こちら↑は、お店の窓から撮影した写真。窓からは緑いっぱいの「佐世保公園」の景色が見渡せます。…が、佐世保公園の向こうに何があるかご存知ですか。そう「米海軍佐世保基地」!!もうお分かりですね。こちらのお店は、外国人のお客さんが、なんと約6割を占めるアメリカンステーキのお店なのです。世界三大品種"アンガス牛"をメインにした、豪快な赤身肉のステーキが大人気なんですよ♪(店内のUSAスタイル「TIP」の文字、気が付きましたか。)

こちらは店長の宮本洋平さん。ステーキを焼いている姿が男前ですね♡真剣に見つめる眼差しの先には…、

Oh!Wonderful♡ものすっご~く分厚いお肉が焼かれていました。ジューシーで美味しそう♫この焼き目がたまりませんね。これぞ、アメリカンステーキ!です。

見事!焼きあがりました、「アンガス牛リブロース」(200g2,830円~/写真は400g)。この肉厚さといい、レア加減といい、ここはUSA!?って感じですが、このお肉がやわらかくて美味しいんです♡しかも脂身が少ないので、本当にいくらでも食べられそう♪醤油ベースの「特製ミシェルソース」は、外国人のお客さんにも大好評なのだそうです。

続いて、パチパチ、ジュージューと音を立てて運ばれてきたのは、アメリカンステーキの王道と呼ばれる「Tボーンステーキ」(ライト/6,500円)。その名の通り、お皿の左上の部分に"T字"の骨がありますが、その左がヒレ肉、右がサーロインという最高に贅沢な部分なのです。オーナー曰く「お肉は骨のそばがいちばん美味しい」とのこと。その旨さはやみつきになるようで、Tボーンステーキは、とにかくリピーターが多いそうです。

お肉はお店のスタッフさんがサーブしてくれますよ。これまたレアです~♡
別添のソースをかけていただいてみると「うまっ!お肉の旨味がものすごっ♪」。先ほどのリブロースとはまた違った、お肉の甘味と深みを感じる味わいです。アンガス牛最高。

Michele Brown steakhouseは、本場アメリカに渡ったオーナーさんが、"佐世保にも「アンガス牛」の美味しさを広めたい"との思いで開いたお店。店長の宮本さんいわく、外国人ばかりでなく、日本人の常連さんも多いそうですよ。ヘルシーな赤身肉とあって、女性の方でもペロッと食べられるとか。うんうん、納得です。

そして、最後にお店の大人気メニュー「ファイヤーチキンウィング」(マイルド840円~)をいただきました。アングリーソースで甘辛く味付けした手羽元&手羽先を、お客さんの目の前でブランデーをかけフランベするという演出つき。Oh~!ファイヤー!!

辛さはマイルド、レギュラー、ホット、ボルケーノの4段階から選べます。酸味のあるランチソースをつけて食べると、さらに美味しいですよ♪外国人のお客さんのほとんどが、これを注文してステーキを待つのだそうです。お肉が"前菜"代わりなんて、Oh~ワイルド!
佐世保でUSA気分が味わえるステーキ店。スタッフさんは日本人の方ばかりなので、安心して食べに行ってみてくださいね。

【Michele Brown steakhouse/ミシェルブラウンステーキハウス】
住所:佐世保市湊町2-9松尾ビル2F
電話番号:0956-76-8883
営業時間:ランチ11:30~14:30 ディナー17:30~21:00(金土~22:00)
店休日:水曜休

③ハンバーグ家SS389

最後に訪れたのは、佐世保大塔インターから車で5分ほどの場所にある「ハンバーグ家SS389」。2010年にオープンしたハンバーグ専門店です。

店主でシェフの渡邊治司さんは、お店を始めるまでの18年間、車(レースなど)に関わる仕事をされていたという意外な経歴の持ち主。「学生時代からのハンバーグ好きが高じて…」と話す渡邊さんですが、納得のいくハンバーグができるまで、何度も試行錯誤し研究を重ねたそうです。ちなみに店名のSSはラリーWRCのSS(スペシャルステージ)のことで、ハンバーグを熱いうちに早く出したいという意味が込められているとか。

こちらが自慢のハンバーグ♪ハンバーグ家では、タネを低温で一晩寝かせています。これは↑渡邊さんが「おはよう」と声をかけながら、手でやさしくパンパンッとタネを起こしているところ。一晩ぐっすり寝て、美味しくなったかな~♡

ハンバーグ家では、まず①好みのサイズ(スモール150g~)を選び、②好みのソースを選び、③セットやトッピングを選びます。今回はステーキ特集ということで、長崎和牛(厚切り)をトッピングすることに♫おいしそうに焼けてる~♡

いい香りとともに、アツアツの小さなフライパンでやって来ました。ソースはホワイトソースをアレンジしたという「マスタードソース」をチョイス。他にも人気の「熟成ソース」ほか、"お肉の味が活きる"12種類のソースから選べます。うーん♡ステーキのレア加減もたまりません!

ナイフを入れると、肉汁がジュワ~ッ!!キャーッ♪早く食べなくっちゃ。「ジュ、ジュ、ジューシーッ♡」たっぷりの肉汁に、ふくよかな肉の旨味も存分に感じられます。ハンバーグにホワイトソースはどうかなと思っていましたが、これが大正解◎。ステーキにもよく合いました。

店内はアットホームな雰囲気で、家族連れでも気兼ねなくお食事ができます。そして、壁にたくさん写真が貼ってあるのがわかりますか。これは、あるお客さんたちの名前と写真。ハンバーグ家では、3個(540g)以上完食した方は写真と名前が貼り出されるシステムなんです(希望者のみ)。これまでの最高記録はなんと10個!1,800g完食とは、つ、強者…。

そしてもうひとつ、お店の新メニューをご紹介します。それは↑この材料を使うのですが、これが何だかわかりますか?実はこれ「そばの実」なんです。これを石臼でひいたものがそば粉。材料に長崎県産のそば粉を使った新メニュー、一体何かというと…、

正解はこちら、フランスの家庭料理"ガレット"でした。そば粉で作った生地に、長崎県産・野中のたまごを使った目玉焼きと、さとむら牧場のチーズ、そしてお店のハンバーグのタネを炒めたそぼろをトッピング。長崎県産の食材で作った、その名も「長崎ガレット」(800円)です。

わぁ~オシャレ♡しかも、いろんな味が楽しめておいしい♪さとむら牧場の濃厚なチーズがお肉と合うんですよね~。休日のブランチにはぴったりですよ。お店の若手スタッフさんたちが開発されたという「長崎ガレット」。ぜひハンバーグと一緒に注文してくださいね。

【ハンバーグ家SS389】
住所:佐世保市卸本町21-334
電話番号:0956-80-4156
営業時間:11:00~15:00(OS14:30) 17:30~21:00(OS20:30)
店休日:不定休  駐車場:15台

佐世保のステーキ特集いかがでしたか。
名物レモンステーキも気になる!という方は、こちら↓もご覧くださいね♪

佐世保名物☆レモンステーキが食べられるお店4選

SNSに送る

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

エリア

ライター紹介

ライター一覧を見る
同じテーマの記事

同じテーマの記事

同じテーマの記事

このライターの記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.